スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサード リンク

BEP療法1クール目、全抗がん剤投与後(18日目-)

BEP療法1クール目18日目以降。最後の抗がん剤の投与を終えてから一時退院までの話。

BEP療法1クール目18日目-

BEP療法1クール目、白血球値が上がらず、スケジュールに若干の乱れはあったものの、17日目に無事、抗がん剤の投与はすべて終えられた。ヨクガンバッター、オツカレサマ、ジブン。

とはいえ、僕の身体はまだまだ弱っている状態(らしい)。 自覚症状はほぼなく(髪の毛が抜け落ちたくらい。早い段階で自分で剃り落としてしまったので、これも気にならなかった)、無駄に元気。なのだけど、白血球値などは、薬で無理やり上げているだけで、油断は禁物なのだそうだ。 だから、もうしばらくは、病院で様子を診てもらわなくてはならない。 あと一週間くらいは入院生活。

この一週間はとても暇。 ただただ病室でダラダラしているだけ。 罪悪感を感じずに、こんなにもダラダラ出来る機会は、そうないだろうから、この暇な状態を満喫してやろうと思う。

本を読んだり、ゲームをしたり。 本当は行けないのだけど、病院をこっそり抜けだして、 本・雑誌の買い出しに行ったりもした(先生や看護師さん方、ごめんなさい)。

他の方々の闘病記を拝読

今更ながら、インターネットで精巣腫瘍や抗がん剤治療について勉強もした。 これまであまり読んでこなかったのだけど、 僕と同じBEP療法を受けた(受けている)方々の闘病記・ブログを読んだりもした。 かなり辛い体験だったと綴っている方が多いことにあらためて少しビックリ。

つくづく僕はラッキーだったのだなあ~と思う。 体質の問題なのか、副作用を抑える薬が発達したからなのか、 僕の場合は、さほど苦しくなかった。 髪の毛が抜けたのと、最初の8日間(24時間ずっと点滴をし続けていた時期)、少し吐き気を催し、食欲が減退していただけだったから。

一方で、一時退院の日まで、ほとんどずっと食欲がなく、やせ細ってしまう人や(僕の場合は逆に太った。暇でつい間食してしまうから)、免疫力が低下しすぎて、隔離された病室で過ごさなきゃいけなくなってしまった人や、 発熱、身体のだるさがずっと続く人など、辛い思いをした人も多くいる模様。 医療の進歩と、丈夫な身体に産んでくれた両親に感謝しなきゃだなー。

血液検査

抗がん剤の投与が終わってからも、定期的に血液検査をして、 白血球や血小板の量をチェックしてました。 結果は以下。

21日目
白血球(WBC) 2900 (17日5100、基準値:3500-9000)
赤血球(Hb) 146  (基準値:140-180)
血小板(PLT) 15900 (基準値:15000-40000)

23日目
白血球(WBC) 3100 (17日5100、基準値:3500-9000)
赤血球(Hb) 144  (基準値:140-180)
血小板(PLT) 15700 (基準値:15000-40000)

17日目比べ、白血球値は落ちているけど、これは単に白血球値を上げる薬の投与をやめたからみたい。基準値より若干低いけど、悪い時(1400)より大分良いし、僕はもともと白血球値は低めなので(抗がん剤治療前の検査でも3300だった)、問題なさそう。

一時退院決定!(23日目)

23日目の夕方、担当の先生が病室にやってきてくれて、嬉しいお知らせを。 「体調も問題なさそうなので、明後日(25日目)あたりに退院しましょう!」 やったー、待ちに待った一時退院!とても嬉しい!シャバの空気が吸えるよ~。

その後、先生と今後のスケジュールを相談。 10日間ほど、自宅で療養して、2クール目のBEP療法をスタートすることに。

明後日が待ちどうしい!

スポンサード リンク
このブログについて

精巣腫瘍(精巣がん)にかかった私が、 病気発覚から手術・抗がん剤治療までの体験談などをマッタリ書いています。 闘病記ブログとはいっていますが、病気と闘っているという感じは全然ないと思います。

しばらくお休みしていましたが、更新を再開する予定です(2018年7月)。

カテゴリ
ピックアップ記事
こんな人が書いています

性別:とうぜん男性
年齢:28才(ブログ開設時)
職業:ほとんどニート

病状と治療:
発症:2012年9月
種別:非セミノーマ/ステージI
手術:発覚してから1週間後に高位精巣摘除手術を受けました。
抗がん剤治療: 手術後、数週間後、BEP療法を3クール受けました(当初、転移の疑いがあったのと、再発が怖かったので、化学療法もすぐに受けました。)。
その後:今のところ転移は見つかっていません。3カ月に1度、CT検査を受けています。

注意

注意:
このブログでは、体験談とともに基礎的な医学情報についても述べることがありますが、 その情報は誤っている可能性もあります(私は素人なので)。 その点、ご了承ください。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。